月別アーカイブ: 2017年8月

少年法年齢引き下げの賛否は?18歳・19歳は子供なのか!?


少年法2条1項によれば、「少年法の対象となる『少年』とは、20歳に満たない者をいい」とあります。
今年2月に法制審議会において、20歳未満を18歳未満に引き下げる内容の本格的議論が始まりました。

少年犯罪も凶悪化していて、未成年だから刑を軽くするのはいかがなものか、と感じていました。子を持つ親として、少年法の適用年齢を引き下げる案には賛成です。

少年法年齢引き下げ賛成派の見解

まず、平成27(2015)年に、選挙権付与年齢を18歳以上に改正した “公職選挙法との兼ね合いです。選挙権という権利を得たからには、大人としての責任も果たさなくてはならない。少年法でだけ、未成年者を子供扱いするのは公平性を欠くというもの。ちなみに現行法では、民法の成年年齢は18歳になっていません。

次に、世論の動向を無視できない点です。国民の大半が、少年犯罪が凶悪化・増加していると感じており、少年法適用年齢の引き下げへの賛成が多数を占めています。平成27(2015)年に内閣府が行った調査結果によれば、78.6%の人が「5年前より少年による重大事件が増えている」と回答しています。

また、被害者遺族の感情への配慮も必要です。子供が凶悪犯罪で犠牲になった時、遺族側の心情として、犯人が成人であろうと少年であろうと相応の罪を償ってほしいと願うもの。少年法は加害者の保護・更生に重点を置いており、被害者の救済には繋がっていないのです。

さらに、諸外国において刑事事件で少年とされる年齢は、18歳未満が多く、国連の「児童の権利条約」でも18歳未満が子供と規定されています。

少年法年齢引き下げ反対派の見解

反対派の意見としては、世論調査では少年犯罪の凶悪化・増加を国民が感じているものの、むしろ少年犯罪が減少している事実 を挙げています。犯罪白書などによれば、刑事事件での少年の検挙数は、平成28(2016)年には31,516人(前年比19%減)で戦後最小であったこと。刑法犯の少年人口比は、平成22(2010)年から7年連続で減少していること。これらから、少年法の取り組みが正しいとしています。

次に、再犯防止の観点が挙げられます。18・19歳の少年に刑罰を与えるより、保護処分による教化が大事である。更生の機会を失えば、若者の再犯が増える。との点から、少年法の適用年齢引き下げに反対しています。

また、最近の少年は精神的に未熟であること。少年犯罪の背景に、発達障害や貧困などの社会問題があること。これらの理由で、少年法適用年齢を引き上げるべきとの意見もあるのです。

さらに、現行法で対応可能な点を挙げています。平成12年(2000)年の改正では、少年法条2項で「検察官への逆送致」が導入。成人と同じ裁判の対象になります。少年法51条1項により18歳以上の少年には死刑があり得ることも、年齢引き下げに意味がない根拠としています。

まとめ

少年法年齢引き下げに反対しているのは、日弁連や最高裁などだそうです。加害者に甘く、被害者に厳しい。少年法は子を持つ親の立場からすれば、そう言わざるを得ません。

少年犯罪で発達障害と報道!?少年法で刑事責任は問えるのか?


少年犯罪の報道をテレビで見ていると、発達障害という言葉がでてきます。神戸連続児童殺傷事件や佐世保同級生殺害事件など、親として信じられないような凶悪事件の犯人たち。この少年犯罪の加害者に、発達障害との診断がなされているのです。

今回はうちの子が被害に遭ったらという視点だけではなく、加害者にならないよう親はどうしたらよいか、という点も踏み込んでみたいと思います。

発達障害の特徴は?アスペルガー症候群は犯罪率が高い?

広汎性発達障害を知っていますか?広汎性発達障害とは、対人関係に障害が現れる発達障害の総称。広汎性発達障害にはアスペルガー症候群や高機能自閉症などがありますが、衝動性・こだわりの強さ・コミュニケーションが苦手といった特徴があります。

なかでもアスペルガー症候群の子供は、特定のものごとに極端な関心を示したり、人の感情への共感性に乏しかったりといった行動特性を持っています。実は、1997年の神戸連続児童殺傷事件を皮切りに、少年犯罪の加害者がアスペルガー症候群と診断されたケースが多いのです。

2000年の豊川市主婦殺人事件・西鉄バスジャック事件、2003年の長崎男児誘拐殺人事件、2004年の佐世保小6女児同級生殺害事件、2005年の静岡女子高生タリウム毒殺未遂事件、2009年の大阪富田林市男子高校生殺害事件、2014年の佐世保女子高生殺害事件・名古屋大学女子学生殺人事件では、いずれも加害者少年はアスペルガー症候群とされています。

名古屋大学女子学生殺人事件の判決は?

2014年には、名古屋大学女子学生殺人事件が起きました。知人の70代女性を、女子学生が自宅アパートで殺害した少年犯罪。高校時代には地元の仙台市で、同級生2人に硫酸タリウムを飲ませています。

元名古屋大学生の殺人・殺人未遂などの罪状に対し、2017年3月24日に名古屋地方裁判所は求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。この裁判では検察側と弁護側の2人の医師が、元名大生に「発達障害と双極性障害」があると診断。人への共感性の欠如と「人の死」への強いこだわりを指摘しました。

この裁判の最大の争点は、「責任能力の有無」です。検察側と弁護側の医師では、精神障害の程度に差がでました。山田耕司裁判長は検察側証人の鑑定を重視。元名大生は自分の意思で犯行を実行したとして、「完全責任能力」を認定しました。

まとめ

ニュースで世間を震撼させた、少年犯罪事件の加害者の多くが発達障害だったというのは驚きです。小学生の子を持つ親の立場として、子供が加害者になりはしないかという心配が。落ち着きがない、人と違った行動をするなど気になる点があれば、専門機関に相談するとよいと思います。

神戸連続児童殺傷事件や佐世保女子高生殺害事件では、加害少年が事件の前、猫を殺して解剖していたとか。こういった予兆に大人が気づけるよう、家族や地域での見守りも必要でしょう。親の無関心や地域社会の希薄さも、事件の引き金になっている気がしました。

神戸連続児童殺傷事件から20年!少年Aが少年犯罪に残したもの

1997年に発生した「神戸連続児童殺傷事件」から、今年で20年になります。自らを「酒鬼薔薇聖斗」と名乗った少年A。神戸新聞社に送り付けた犯行声明文には、「ボクがわざわざ世間の注目を集めたのは、今までも、そしてこれからも透明な存在であり続けるボクを、せめてあなた達の空想の中でだけでも実在の人間として認めて頂きたいのである」との内容が。
実は、小学生の子供を持つ私と少年Aは同年代なのです。

少年A以後の少年犯罪の変化は少年法改正と厳罰化へ

家庭裁判所調査官として30年以上も少年事件に携わってきた浅川道雄氏は、「神戸事件は日本における新しい少年事件の走り」だと述べています。性的虐待を長年受けていた娘が、父親・義父を殺害した。非行前歴が積み重なったあげく、少年が殺人を犯した。これらの事件は担当したものの、非行歴がない少年による計画的犯行は経験がないと、浅川氏は言います。

少年犯罪は成人とは違い、少年法の元で裁かれます。制定以来、長きにわたって改正されてこなかった少年法。神戸連続児童殺傷事件をきっかけに、2000年に初めて改正されました。

平成12年の改正は、刑事処分可能な年齢を16歳以上から14歳以上に引き下げるという内容でした。

しかし 2000年改正から15年間に、14・15歳少年が刑事処分相当として家庭裁判所から検察官へ送致されたのは17人にすぎな、という調査結果がでました。16歳未満の少年には、少年の更生・教育に比重を置く「少年法」の精神が引き継がれたのです。

元少年A・酒鬼薔薇聖斗に憧れる少年犯罪加害者

神戸連続児童殺傷事件は世の中に衝撃を与えました。少年Aは後の少年犯罪加害者に、大きな影響力を持ったのです。2000年の西鉄バスジャック事件の加害少年は、酒鬼薔薇聖斗を崇拝。また最近では、2014年の名古屋大学女子学生殺人事件の元女子学生も、自らのtwitterに酒鬼薔薇聖斗への憧れを投稿していました。

1999年には、「西尾市女子高生ストーカー殺人事件」が発生しました。当時17歳の少年が女子高校生に執拗なストーカー行為を繰り返し、殺害に及んだ事件。この加害者は不定期刑の満期10年で服役した後、出所後30歳の時に再犯をしています。

この加害少年は、「神戸事件の犯人・酒鬼薔薇聖斗が中三であそこまでやれると尊敬し、近づきたいと思った」と検察官の取り調べに答えたそう。さらに、少年法により無期懲役や死刑にはならないことを知っていたのです。

まとめ

元少年Aは2015年、「絶歌」という手記を出版。被害者ご遺族の感情を踏みにじるものでした。「絶歌」の初版は10万部を売り上げたのです。酒鬼薔薇聖斗に憧れた少年たちが後に凶悪犯罪を引き起こしたように、「絶歌」がさらなる少年犯罪の呼び水にならないよう願いたいです。

「少年法」は加害者に甘く、犯罪被害者と遺族に厳しい。小学生の子供を持つ親としてそう思いました。